糖質制限の強い味方!?RIZAP×ピザハットの「低糖質ピザ」は本当においしいのか検証

55ANjRSpU6TUGZJ1472659912_1472659917

糖質制限ダイエットを実際にやってみると、大きな挫折ポイントというか壁にぶち当たるときがくるでしょう。

・食べるものが毎回同じになる

・炭水化物を異常に体が欲するときがある

糖質制限ダイエットをしている間というのは、来る日も来る日も朝も昼も夜も、サラダとか野菜スープとか鶏ハムとか焼き魚とか豆腐とかばっかり食べているわけです。メニューもほぼローテーション。飽きてくるんですよね。

そして、短期間とは言っても、長年の習慣をすっぱり断ち切るのはなかなか難しいものがあります。頭では「炭水化物は食べちゃダメ」と分かっていても、体が、本能が、炭水化物を欲するのです。

そんなときに重宝したのが「低糖質食品」。糖質ゼロとか糖質50%オフとかそういう類の食べ物です。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

糖質制限ダイエット中に「低糖質食品」を食べてもいいの?

「いくら『低糖質』って言っても(ゼロはともかく)炭水化物は食べちゃダメだろー!!」とお怒りになるかもしれませんが、実は糖質制限ダイエットだって「まったく」糖質を取ってはいけないというわけではないんです。

ハードな糖質制限ダイエットでも、目安とされる炭水化物の摂取量は「体重×1g」くらい(これ以外にも、60g程度とか諸説あり)。つまり数十gは摂取してもいいんです。実際、ごはんとかパンとかイモとかトウモロコシ以外にも、野菜や豆なんかにも糖質は含まれていますから、完全にシャットアウトする方が難しいのです。

そして、

・食べるものが毎回同じになる

・炭水化物を異常に体が欲するときがある

という問題にぶち当たったときこそ使えるのが低糖質食品なわけです。「炭水化物っぽいけど糖質オフ」なんですよ。それだけ聞くと最強じゃないですか?

ですが、低糖質食品には非常に大きな問題があるんです。

正直、「全然おいしくない」んですよね。ブランパンとか、低糖質ヌードルとか低糖質パスタとか、こんにゃく米とか。低糖質カレーなんてのもありましたね。でも、なんでしょう?どれを食べてもおいしくない。食べ物としてのコクがないんです。

「パン的なものを食べられないよりはマシか…」などと考えながら、ボソボソしたブランパンを口にしていた記憶がよみがえります。低糖質ヌードルとかこんにゃく米に至っては、1回食べてやめましたけど(笑)

食べてもいいけど、おいしくない。だから結局、使えない。それが低糖質食品のイメージでした。

低糖質ピザなるものを発見!

そして、ついに、その「低糖質食品はおいしくない」という常識を覆すようなコラボ商品を発見したんです。「RIZAP×ピザハット」夢のコラボ!期間限定・店舗限定ですが、低糖質のピザなんてものが販売されているそうなのです。

*2017年1月追記:大好評の「RIZAP×ピザハット」コラボピザは、現在149店舗に大幅拡大して販売しています。

RIZAPといえば、泣く子も黙る「糖質制限ダイエット」(+筋トレ)の権化です。結果にとことんこだわる姿勢には頭が下がります。

そのRIZAPが、こともあろうにピザハットと組んで「低糖質ピザ」という、糖質制限をする者すべての気持ちを救済してくれそうな素敵な発明をしてくれたというわけです。なんとなく矛盾を感じなくもないですが、さっそく突撃。購入してきました。

RIZAP×ピザハット 低糖質ピザのお味は??

ちなみに、正式名称は「糖質LOW計画」。ちょっと謎なネーミングです。

味は「熟成ベーコンとグリル野菜」「旨みギュッとプルコギ」「テリチキエッグ」の3種類。ピザに加えて、「チキンビッグサラダ5.6」という低糖質シリーズの特製サラダもあります。ちなみにこの「5.6」は何だろうと思っていたのですが、サラダに入っている糖質の量が5.6gということのようです。

Rgw51pByxxrmSkv1472652024_1472652052

全種類購入してきたので、さっそくお味見です。

低糖質なピザ生地はおいしいのか?

「糖質LOW計画」の3種類のピザは、ピザハットで通常使われている「もっちりハンドトス生地」よりも糖質を50%抑えた新開発の生地で作られています。3種類とも1枚あたりの糖質量が30g前後。ごはん茶碗1杯分の糖質量が55~60gなので、ごはんと比べても半分です。

つまり、ピザの命とも言える「生地」が低糖質ということですね。確かに、ピザで糖質を抑えるとしたら生地しかないですから。実は食べる前には少し嫌な予感がしていました。「低糖質の生地」=「ブラン系の生地」しか思い浮かばなかったので、もさもさした食感でちょっと苦みのある生地なんじゃないかと思ったのです。

ところが実際に食べてみると、薄いのにもっちりした食感で、外側はカリッと歯ごたえあり。ふつうのピザと比べても遜色ありません。というか、糖質オフと言われないと分からないくらい。

見た目も全然ブランっぽくありません。かと言って、ふつうのピザ生地とも少し違って、どちらかと言うと薄めのもっちりしたパンみたいです。

ただ、冷めたときにはボソボソ感をけっこう強く感じました。ふつうのピザ生地よりもボソボソしていたような気がします。それでも、冷めたピザはレンチンで簡単に復活しました。レンチンしたらもっちり食感も戻ったので、とにかく冷めたらレンチン推奨です。

では、それぞれのピザのお味はどんなもんでしょうか。

熟成ベーコンとグリル野菜

sZez78izKyc2Wjs1472651991_1472651996

1枚あたりの糖質量:約29g

熟成ベーコン・オニオン・フレッシュスライストマト・グリル野菜(イタリア産:ズッキーニ・赤ピーマン・黄ピーマン・ナス)・ガーリックスライス・モッツァレラチーズ・チェダーチーズ・特製イタリアントマトソース・特製マヨソース

税込み1,080円(20cmのSサイズ)

uYA4jYr9JcWLRJb1472651932_1472651936

とにかく野菜が満載。歯ごたえの異なる野菜が何種類も乗っているので、食感もグッド。特にズッキーニが存在感あってよかったです。逆に熟成ベーコンにはほとんど気づきませんでした。野菜がたっぷりなので、チーズのしつこさをさほど感じず。

ピザとしてはサッパリ系。40代の胃腸にはこのくらいの「くどくなさ」がちょうどいい気がします。

旨みギュッとプルコギ

V0Afwo2_WyvUVzl1472651978_1472651983

1枚あたりの糖質量:約31g

プルコギ・オニオン・ピーマン・モッツァレラチーズ・チェダーチーズ・辛口糸唐辛子・特製マヨソース

税込み1,080円(20cmのSサイズ)

gDzwAWjY1eI_wTD1472651904_1472651910

とってもプルコギ(笑)。よく考えると、ふつうのピザを食べるときでも「プルコギ」という選択をしたことがなかったような気がするので、プルコギピザってこんな味なんだ~というのが正直なところ。味がかなり濃いですね。

チーズやマヨソースの味さえも隠し味にしてしまうくらい、主役のプルコギが味の90%を支配しています。牛肉感もたっぷり。一応ピリ辛ですが、そんなに辛くありません。

コッテリしているというより、とにかく味が濃い。1枚全部プルコギの味しかしないので、全部食べるのはキツイかも。

テリチキエッグ

ZNzf2RyN9uyhoft1472652006_1472652013

1枚あたりの糖質量:約31g

厚切テリヤキチキン・エッグフィリング・ブロッコリー・赤パプリカ・ブラックペッパー・モッツァレラチーズ・チェダーチーズ・特製マヨソース

税込み1,080円(20cmのSサイズ)

XTNrwGklOnNHOBC1472651946_1472651950

3つの中で一番特製マヨソースの主張を強く感じるピザです。チキンとブロッコリーはピザ1切れに1つずつ。ほぼマヨソースのピザに、アクセントで照り焼きチキンとブロッコリーが一口分ずつ乗っているというかんじ。

なので、味がどうのこうの以前に、けっこうくどいですね。こってりしています。もう少し具材の量(特にブロッコリーをもう1つくらい)を増やした方が食べやすい気がします。照り焼きの甘さもあるので、タバスコをかけてちょうどいいくらいです。

チキンビッグサラダ5.6

nVOc_J17CsiBy3A1472651961_1472651967

1つあたりの糖質量:5.6g

スモークチキン・レタス・サニーレタス・ブロッコリー・赤パプリカ

イタリアンドレッシング付き

税込み842円

チキンがとってもスモーキー。具材を見て分かるとおり、典型的な「糖質制限食」です。チキンがたくさん入っていてかなりボリュームはあるので、糖質制限中ならこのサラダ+ピザ2切れで十分と思われます。

食べきれないピザは冷凍しよう!

5fj94aQCL0jOoFD1472651866_1472651872

直径20cmのSサイズとはいえ、サラダと合わせると丸ごと1枚食べるのはさすがに厳しいと思います。サラダなしなら勢いにまかせて食べればギリギリいけるかな、というところ。ちなみに「ハーフ&ハーフ」みたいな技はできませんので、まるごと1枚同じ味を楽しむしかありません。

なので、無理して全部食べずに、残った分はラップにくるんで冷凍しちゃいましょう。

低糖質ピザは、低糖質食品とは思えない美味しさ!

ちなみに私は3種類全部のピザを買ってしまったので、それぞれ1切れずつ食べて、残りは全部冷凍庫へ。サラダも食べたので、相当おなかいっぱいです(笑)。

それでも、とった糖質はサラダと合わせて28.1g。こんなに食べてもごはん茶碗半分の糖質量ですから、これなら糖質制限中でも全然問題ありません。

気になるカロリーは?

とは言っても、気になるのはカロリーです。美味しいものはカロリーが高いというのが世の中の常識です。糖質が少ないのは十分わかりましたが、カロリーはどうなんでしょう?「食べるな危険」じゃないんでしょうか?

ピザハットの公式サイトによると、

熟成ベーコンとグリル野菜:636kcal

旨みギュッとプルコギ:726kcal

テリチキエッグ:743kcal

チキンビッグサラダ5.6(イタリアンドレッシング付き):313kcal

1枚まるごと食べると、やっぱりそれなりのカロリーはありますね。ただ、1回に半分(2切れ)しか食べないなら、カロリー的にもそんなに心配するほどではないことが分かります。ますますダイエット向き。

40代に一番オススメは「熟成ベーコンとグリル野菜」

今回のRIZAP×ピザハットコラボ企画商品の低糖質ピザは、そもそも30代~40代の糖質が気になるお年頃の人たちに向けて作られた商品のようです。「ピザ食べたい、でも糖質は抑えたい」そんな私たちの切実な思いを形にしてくれたのです。

そして、今までなかなか超えることができなかった「低糖質=マズい」という壁さえも壊してくれました。

いろいろな低糖質食品を試してそのたびに「やっぱ、しょせん低糖質の味はこんなもんか…」とがっかりしてばかりいた私としては、ハッキリ言って低糖質でこの美味しさはすごいと思います。生地の原料が何なのかは記載が見つからなかったのですが、ブランだとしたら尚更すごいかもしれません。

ピザとしての美味しさはどれも十分なのですが、その中で一番40代女性向きなのは「熟成ベーコンとグリル野菜」。野菜も多く、ピザとしてはさっぱり系ですが食べ応えはちゃんとある。3つの中で一番カロリーも少ないし、糖質はもちろん50%オフ。胃もたれしない程度に、美味しく食べられます。

2016年に東京と千葉の一部店舗のみで販売していたのですが、この糖質制限ピザは大好評だったようで、全国149店舗で販売を拡大しています。

販売店はこちら→ピザハット「糖質LOW計画」

食事のパターンが限られてしまう糖質制限ダイエットですが、ピザを食べてもOKとなったらちょっとやる気が出てきませんか!?

こんな記事もオススメです!

糖質制限ダイエットなら、40代女性でも簡単に痩せられる?

40代で糖質制限ダイエットするなら絶対に注意しなくちゃいけない3つのポイント

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする