ダイエット

40代になって実際に試したダイエット体験談~果たして効果はあったのか?

更新日:

40歳を目前に20kgも太ってしまった私は、40代の扉を開くと同時に「糖質制限ダイエット」に取り組み、4か月で15kgの減量に成功しました。

 

ただ、その後3~5kgほどリバウンドした状態で停滞。それでも痩せたことは痩せたのですが、太る前と比べるとまだ7~10kgプラスです。予定では、気合をいれてダイエットさえすれば今頃30代のときの体重に戻っているイメージだったのですが、現実は全然違いますね!

 

これが「太りやすくて痩せにくい」という40代のボディなんでしょう。

 

この糖質制限ダイエット以降も、「なんとかあと5kg...できれば10kg減らして30代のころの体重に戻れないかしらん??」という強い思いから、何度か別のダイエット法に挑戦しました。

 

40代にとってのダイエット。どんな方法が、どれだけの効果があるのでしょうか?実際に私がやってみた方法とその結果から、何かヒントが見えてくるかもしれません。

 

*あくまで私の体験談です。痩せる痩せないは個人差ありますので、あしからず!

 

ジョギングダイエット(第一回目)

58099af260722942170e900acec07e07_s

糖質制限を4か月やったあと、食事を炭水化物ありに戻したときに5kgリバウンドしました。焦った私は「食事を戻した分、運動するか...」と重い腰をあげて、いきなりジョギングを開始したのです。

 

ジョギングでダイエットをしようと思った理由

「何か運動を...」と考えたのですが、自分の性格上スポーツジムに通うことすらままならないだろう(20代、30代のころにも何度も幽霊会員になった経歴が)ということが分かっていたので、「通わなくて済むもの」=家を出てすぐ開始できるジョギングを選んだのです。

 

ジョギングダイエットにかかった費用

割と形から入る方なので(笑)、ウェアを一通りそろえてからはじめました。

・ジョギングシューズ(ミズノ):約8,000円

・Tシャツ(安物だけど吸水タイプ)5枚:約7,500円

・長袖コンプレッションウェア(安物)3枚:約6,000円

・ウインドブレーカー(1着):約4,500円

・ハーフパンツ(3枚):約6,000円

・キャップ(2つ):約3,000円

・ジョギング用靴下(5足):約3,500円

・スポーツブラ(3着):約6,000円

・着圧サポーター(両ひざ分):約5,500円

・スマホ用アームバンド:約1,000円

・ジョギング用ウエストポーチ:約2,500円

・VAAM:10,000円分くらい

 

合計:約63,500円

 

けっこう費用かかっていますね...特にVAAM代が一番コストかかっていることに改めてビックリです(笑)。体力なさすぎて走っていてもすぐに息があがってしまったのですが、VAAMを飲むと持久力が2段階くらい上がって非常に走りやすくなるので、高いけど手放せませんでした。

 

ちなみに、「ジョギングシューズは連続使用すると傷みやすいので、2足用意して交互に履いた方がいい」という情報もあって、2足目を買うかどうか迷っていたのですが、今となってはとりあえず1足で我慢しておいて本当によかったと思っています。

 

ジョギングダイエット(一回目)の結果と感想

5~6kmを週に4回のペースで走りました。期間は、夏の終わりくらい(9月)から始めて3か月ちょっとです。

 

結論から言うと、3か月で約5kg痩せました。糖質制限のリバウンド分が見事にまた減りました。この間の食事は、食べ過ぎないことと間食をしないことだけに注意していました。

 

ふつうに食べて、運動をして、痩せる。理想的だと思います。

 

ただし、続けることができれば...

 

私は3か月で挫折したのですが、その原因は2つあります。1つは、リバウンドした分の5kg減を達成して、気持ち的に燃え尽きたこと。もう1つは12月に入って寒すぎて外へ出る気力がなくなったこと。

 

運動は本当に嫌いな私ですが、実際走ってみると楽しい部分もありました。一番は、走り終わったときの爽快感、心地よい疲れです。割と簡単に「達成感」を味わうことができます。超初心者のくせに、走り出して2か月目くらいには、調子に乗って「最近、走らないとなんとなく体が気持ち悪いんだよね~」なんてほざいていたくらいです(笑)。

 

その後寒さに負けてすぐに挫折するなんて、そのときは思いもしませんでした。むしろ、これなら10kg減量も可能!と信じて疑いませんでしたから。

 

ジョギングダイエット(一回目)の結論

特に、それまでまったく運動をしていなかった体にはジョギングはてきめんに効果が出たと感じます。ずっと(一回目)と書いていますが、実はこの後「二回目」のジョギングダイエットをするのです。結論から言うと、一回目だからこそ痩せやすかったと思われます。

 

ジョギングダイエットで痩せるためのポイントは「続けること」これだけです。

 

そして、続けるために必要なのは、「気持ち」を持続させる工夫をすることです。

・体力ない人はVAAMは必須

・膝用サポーターは絶対に必須(40代だと確実に膝に負担がかかります)

・ジョギング前後のストレッチは必須

・ジョギング後に膝を冷やすことも絶対必須

 

続かなかった私が言うのもなんですが、完全に習慣になってしまえば、体力・健康・美容のいろんな側面から考えても、とても有効なダイエット法だと思います。

 

カロリー計算ダイエット

594e018abcfb3f4e0bb227e6a1d11f25_s

運動をやめると、当然また太りますよね。案の定リバウンドしました。そこで、今度はカロリー計算をきっちりやって、1日1,300kcalで抑えるダイエットを始めました。

 

なぜ1,300kcalにしたかと言うと、カロリー計算に使っていたアプリで「目標体重」と「目標達成日(4か月に設定)」のために必要な1日の摂取カロリーが1,300kcal程度だったからです。

 

ちなみに、私の基礎代謝量が約1,300kcal。なので、アプリの言う通り摂取カロリーを1,300kcalにすれば、たしかに日常生活の活動量分は毎日体重が落ちていくはずでした。

 

カロリー計算でダイエットをしようと思った理由

ジョギングをやめたにも関わらず、年末年始をはさんで食べすぎてしまったことの反省から「食べすぎ、よくない!」と思って始めました。また、運動が続かないことを改めて思い知ったので、痩せるにはやっぱり食事をしっかり管理する必要があると思いなおしたわけです。

 

しかも、糖質制限ダイエットを経験したあとということもあり、「これからはカロリー摂取量をしっかり守って、ゆっくり無理のないダイエットをすることが大事!」という気持ちが強くありました。アプリを使ったカロリー計算ダイエットなら、無理なくカロリー管理をしながら痩せられるのではないかと思ったのです。

 

カロリー計算ダイエットにかかった費用

カロリー計算アプリ:0円(無料)

 

合計:0円

 

無料のアプリを使って毎日食べたものを記録しました。使ったのはそれだけなので、お金は一切かかっていません。

 

カロリー計算ダイエットの結果と感想

4か月続けましたが、結果的には2kgくらいしか減りませんでした。しかも2kg減ったのは最初の2か月。残りの2か月は体重は微動だにせずです。

 

一応、アプリの設定では(リバウンドも考えて)4か月で6kg減量を目標にしていたので、目標の半分も達成していません。設定上は無理のない減量ペースということだったのですが...。無理はなかったですが、痩せもしませんでした!

 

食事を1,300kcalに抑えること自体は、そんなに苦痛ではありません。満腹まではいきませんが、工夫をすればそれなりに満足のいく食事をとることはできます。

 

ただ、とにかく計算が面倒くさい!これにつきます。計算&記録するのがあまりにも面倒くさすぎて、毎日同じような食事ばかり食べるようになってしまいました。後半は、日曜日に1週間分のおかずを作り置きして、毎日同じものを食べるという状態に!

 

しかも、体重の減少ペースが遅い上に、2か月でその微々たる減少すらピタリと止まってしまったので、モチベーションはダダ下がり。その後の2か月は惰性で続けはしましたが、カロリー管理の労力に対して結果があまりにも出なさ過ぎて、とっととやめました。

 

カロリー計算ダイエットの結論

性格的に向き不向きはあると思いますが、とにかくカロリー計算は面倒くさかったです。

 

1日1,300kcalに抑えるとなると、高カロリーの外食や弁当系は無理です(弁当系はカロリーが明記してあるので計算は楽なのですが)。そうなると自炊しかないのですが、自炊の場合は材料ひとつひとつのカロリーから計算していかなければなりません。信じられない労力!これ、みんなどうやってやってるんでしょうかね??やっぱり私みたいに「1週間同じ食事にする」という力技で乗り切っているんでしょうか?

 

栄養に興味があるとか、細かい作業が好きとか、すぐに結果が出なくてもコツコツ続けるのが好きという人なら、カロリー計算ダイエットは向いているかもしれません。

 

いずれにしても、体重が減少するペースはかなりゆっくり目だと思っていいでしょう。

 

もしかしたら、私もあと2か月、トータルで半年続けていたらまた体重は減りだしたかもしれないな、停滞期だったのかもしれないな、とは思います。ただ残念ながら、そこまで続ける気力はもう残っていませんでした。

 

そして、カロリー計算をやめたら、なけなしの減量分2kgはきっちり戻りました(涙)。

 

ジョギングダイエット(第二回目)

ジョギングダイエットをやめてから約1年後、なんと私は2回目のジョギングダイエットに挑戦することになりました。

 

再びジョギングでダイエットをしようと思った理由

カロリー計算ダイエットがあまりにも結果がでなかったため、成功体験として記憶に新しいジョギングをまたやろうと思った次第です。

 

今度こそは、「寒いから」とかそういう軟弱な理由でジョギングをやめないようにしよう。そのためには、週に2~3回の緩いペースでやるようにして、ちょっとずつでもいいから習慣化してしまおう。そうすれば、今後数十年、体を動かすことが苦痛じゃなくなり、未来永劫ダイエット法に頭を悩まされることもなくなるだろう。そんな切実かつ甘い考えがありました。

 

ジョギングダイエット(二回目)にかかった費用

VAAM:5,000円分くらい

 

合計:約5,000円

 

ウェアなど一式はすでに一回目の挑戦でそろえていたので、今回はVAAM代だけですみました。

 

ジョギングダイエット(二回目)の結果と感想

二回目となるジョギングダイエットでは、週に2回か3回のペースで、5km~10km走りました。体力はつくもんですね、一回目では最長7kmしか走れませんでしたが、二回目では最長で10kmも走れるようになりました。

 

それに反して、体重の減り具合はと言うと...

 

なんと、3か月続けて減量はたったの2kg!カロリー計算ダイエットと同じです!自分が一番衝撃を受けました。あれ??ジョギングって痩せるんじゃなかったっけ??と。

 

ジョギングダイエットはすぐに結果が出るというよりは、2~3週間くらい走るとある日「ストン」と体重が落ちるときがくるということを、第一回目のチャレンジで学習していました。なので、走り始めた当初は体重が落ちなくても「これからこれから!」と自分を励まして続けていたのですが...1か月が経過し、まさかのもう1か月経過し...その時点でたったのマイナス2kg。待てど暮らせど「ストン」がやってきません。そして3か月目に入ると微動だにしなくなりました(むしろ生理前は増えたり)。

 

また、痩せるために走っていたのに結果がついてこないと、走ったあとの爽快感すら感じられなくなるということが分かりました(笑)。ただ苦しくて疲れるだけ!

 

ジョギングダイエット(二回目)の結論

運動しても痩せないってどういうことなのでしょうか??おかしいですよね。消費カロリーが摂取カロリーより大きければ、ゆっくりであっても痩せていくはずです。現に一回目のジョギングダイエットでは痩せたのですから。

 

思い当たる原因は...ありました!そりゃあ原因はあるはずですよね、現実に痩せてないんですから。

 

それは、「ジョギングは痩せる」という思い込みが強かったせいで、逆に「ジョギングしてるから少しくらい食べても大丈夫」という甘い気持ちが出ていたことです。

 

一回目のときはジョギングの効果もよく分からないまま挑戦したので、特に食事制限をしたわけではありませんが、それでも間食しないとか、満腹までは食べないというように、一応気を使っていました。

 

ところが、二回目は下手にジョギングの力を過信していたせいで、「少しくらい食べても...」が積み重なって、結局摂取カロリーと消費カロリーの差がほとんどなくなってしまったんだと思います。

 

要するに、運動してるから大丈夫と思ってちょっぴり食べ過ぎてしまったんですね。そりゃ痩せませんよ!

 

そもそもジョギングとは言っても1回で走るのは平均で6km程度。消費カロリーは400kcalくらいです。1週間に3回走っても1,200kcal。1日170kcal余計に食べたらチャラになります。170kcalって、クッキー2~3枚分です。「走ってるから、少々のおやつはご褒美だわ!」なんていう甘すぎる考えが、この結果になったことは振り返るとよくわかります...。

 

「運動してるから食べても大丈夫」という思い込みがこんなにも結果を左右するんだということを痛感しました。

 

1日1食ダイエット

6cda31a810e1465a3f1041376169efa2_s

そんなわけで、二回目のジョギングダイエットが失敗に終わったことで、今度は「運動しても、食べれば痩せない」という新たな固定観念ができてしまいました。

 

となると、「結局、痩せるには食べなきゃいいってことか!」と思い、ちょっと無謀な1日1食ダイエットを開始するのです。

 

1日1食ダイエットをしようと思った理由

上にも書いたように、結局は多少運動したところで大勢に影響はなくて、それよりも食事をどうするかが痩せるか痩せないかのカギを握るのでは?と思ったからです。

 

糖質制限ダイエットで痩せたこと、その後カロリー計算ダイエットは失敗したことを考えて、「短期集中!1日1食(厳密には1.5食くらい)ダイエット」をすることにしました。

 

カロリー計算ダイエットをするときは「リバウンドしないためにも、ゆっくり痩せるのが一番」などと思っていたくせに、我ながら本当にブレブレです。ただ性格的に、細かくカロリー管理をするダイエットを続けるのは困難ということが分かったので、もう仕方がないですよね。

 

なので、体への負担があるかもしれないということは重々承知したうえで、このダイエット法を選びました。期間は2か月限定。とにかく短期間で体重を落として、そのあとは体重が落ちてから維持方法を考えるという、得意の先延ばしパターンです!

 

1日1食ダイエットにかかった費用

ミキサー:約6,000円

 

合計約6,000円。栄養価を考えてスムージーを飲むことにしたので、そのために買いました。

 

1日1食ダイエットの結果と感想

結果としては、2か月で4kg減りました。まあまあのペースです。2か月のタイムリミットがきたので、糖質制限のときと同じように強制的にそこでやめました。

 

ちなみに、1日1食と書きましたが、厳密には1.5食くらいです。

 

朝&昼兼用のブランチ的に「スムージー」を飲む&オールブランをひとつかみ分くらい食べていました(オールブランは食べ過ぎるとお腹が緩くなるので、少量)。一応、健康のことも考えていたわけなのです。

 

そして、夜は好きなものを好きなだけ。好きなだけとはいえ、1回の食事ではそんなにたくさんは食べられません。なので、結果的にカロリーはグッと抑えられたんだと思います。カロリー計算には懲りたので、計算は一切していません

 

昼間はやっぱりお腹がすきますが、空腹は慣れるというか、お腹がすいてるくらいでちょうどいいという感覚になります。そして夕飯は好きなものを食べていたので、そんなにストレスは感じませんでした。

 

1日1食ダイエットの結論

結局、1日の食事量が減れば体重も減る、というのがよくわかった結果となりました。ただし、こういったダイエット法につきまとう問題はいつも同じ。やめたら体重は戻るんです。

 

1日1食(1.5食)も慣れるとそんなに苦痛ではないのですが、じゃあこれを一生続けるのかと聞かれると「そんなの、いやだな」と思うわけです。

 

食べなきゃ痩せるのは当たりまえ。ただ、それは一生続けられないし、こういうダイエットを繰り返すことでだんだんと代謝も落ちていき、よけいに痩せにくい体になってしまったのではないかと思います。

 

「食べること」と「痩せること」の板挟みというか、天秤というか、ジレンマに陥っている状態ですね。

 

40代で行った数々のダイエット法!導き出された結論は?

b684a4ffc3532bfa6bbcabd74f95f624_s

こうして書き出してみると、よくまあこれだけ短期間の間にいろんなダイエット法を試してみたもんだと我ながら感心します。「趣味はダイエット」と言ってもいいですね。

 

全然痩せないものもあったり、痩せても続かずに元に戻るというものもあったり。でも結局はどれも「一生続けられそうな方法じゃなかった」ということです。

 

自分にとって本当に無理のないダイエット法を知る

もちろん、カロリー計算が苦じゃない人はそれを続けることができると思いますし、ジョギングを楽しめる人はそれを続けることができるでしょう。そして、続けることさえできれば、そのダイエット法は成功なんだと思うのです。

 

私のようにあれこれ手を出したはいいけれど、結局どれも続けられないとか、一生続けるなんて考えるだけで恐ろしいとか、そういう場合には、その方法は向いていないということなのでしょう。短期間ならいいですけどね。

 

「これなら続けられる」と、少なくともやっている最中に思えるものこそが、その人にとって正解なんだと思います。無理をしなくても、頑張らなくても、それでも続けられるというのがポイントでしょう。

 

太りにくい体を手に入れるために基礎代謝を上げる

私にとっては、食事制限とか、カロリー管理とか、ジョギングとかそういったものは、一生連れ添える相手ではなかったということです。これだけいろいろやってみて、結局分かったのは「全部ダメ」ということだったわけです(笑)。もう次から次へと新たなダイエット法を渡り歩くこと自体を終わりにしたいというのが本音です。

 

一生続けられる生活習慣の中で、太りにくい体を手に入れること。

 

というわけで、ダイエット法を探すのをやめて、この「太りにくい体を手に入れる」ことに専念することにしました。40代で、しかも度重なるダイエットによってすっかり代謝が低下してしまったこの体にエネルギー消費力を復活させるために、とにかく基礎代謝をアップさせます。

 

体を内側から根本的に改善すること。これが40代が自分の理想体型を健康的に維持するためにできるベストな方法であって、試行錯誤・紆余曲折のダイエット生活を経てたどり着いた私なりの結論です!

 

 

-ダイエット

Copyright© ささくれネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.