健康

近視の40代は隠れ老眼に気を付けて!

更新日:

近視は老眼にならない、なんてよく言いますよね。

実際40代でガクッと視力が落ちた私も、裸眼で遠くのものは見えないのですが、近くのものははっきりと見ることができていました。

ところが、近視が進んできて生まれて初めてメガネをかけるようになると...

遠くのものはよく見えるようになったけど、近くのものはぼやけて見えなくなったんです。

手元など近くのものが見えなくなるのは、典型的な老眼の症状。

そう、近眼でも老眼になるんです。ただ、裸眼のときはそれに気づいていないだけ。

もし、今40代で、やや近眼で、でもメガネやコンタクトを使ったことがない人がいたら、もしかしたら私と同じように「隠れ老眼」になっているかもしれません。

 

そもそも老眼ってどんな症状?

老眼というのは、近視や遠視や乱視とは違って、老化現象のひとつです。

症状としては、近くのものが見えなくなります。

たとえば、電車で新聞を読んでいるおじいさん。新聞を持つ腕を伸ばして、顔から遠くに離して読んでいたりしますよね。手元の文字はぼやけてしまって読めないのです。

老眼というのは、ピントを調節する機能がうまく働かなくなる現象です。

老眼でも近眼でもない人は、遠くのものを見るときは遠くにピントを合わせ、近くのものを見るときは近くにピントを合わせるというのが瞬時にできるわけです。

だから遠くも近くもハッキリと見えるんですね。

ところが老眼になると、遠くに合っていたピントを近くのものに合わせることができなくなるわけです。

遠くと言っても、10メートル先とかではなくて、たったの50センチくらいです。それよりも近くにあるものは、ぼやけて見えなくなるんですね。

だから、老眼のおじいさんは、手を伸ばしてできるだけ顔から新聞を離して読むのです。

 

近視の人は裸眼だとなぜ老眼に気づかない?

5466716b5c5e966755ec851b22ed073d_s

近視と老眼の仕組みは次のとおり。

近視=近くにピントが合っている状態=遠くが見えない(遠くにピントが合わせられないので、ピントは近くに固定)

老眼=ピントを合わせる力そのものが衰えている状態=遠くが見える人は近くが見えなくなる(遠くに合っているピントを近くに合わせられなくなる)

「老眼になると近くのものが見えなくなる」と表現されるから誤解を招くのですが、「遠くのピントを近くに合わせられなくなる」というのが正しいわけですね。その結果として、近くが見えなくなるだけなのです。

つまり、近視の人が老眼に気づきにくいのは、もともとピントが近くにしか合っていないので、ピント調節をする必要がないから

ピント調節機能が低下したとしても、そもそも最初から近くしか見えていないので、取り立てて変化はないのです。

老眼になったら遠くが見えるようになって近くが見えなくなるとかいうことではないんですね。

 

なぜメガネをかけると近くのものが見えなくなるの?

どうしてメガネをかけると隠れ老眼が表面化するかというと...??

メガネをするようになると、今まで見えなかった遠くのものが見えるようになります。

これは、遠くのものにピントが合うようになったため。メガネというのはそういう器具だから当然ですね。

裸眼のときは遠くにピントが合うことはなかったので、ピントは近くに固定されていたわけです。

ところが、メガネをすることで遠くにピントが合うようになると、「遠く」→「近く」というピント調節をしないといけなくなります

ピント調節が必要な状況になると、老眼の症状が出てしまうというわけなんですね。

 

老眼を治すことはできるの?

実はレーシックなどで老眼を改善させることは可能なようですが、そもそも眼球の水晶体自体が劣化していくことによって起こる現象なので、完全に若いころと同じ状態に戻すことは難しいようです。

ですので、老眼になってしまったら、それを治す・もとに戻すということはほぼ諦めた方がいいでしょう。

むしろ、老眼の進行を抑える工夫をするのが最善策。

とりあえず、目にいいと言えばこれ!ブルーベリーですね。

XFSkwBxXttSrioX1471530512_1471530548

毎日食べたいけれど高いので、、、サプリで代用するというのが現実的かもしれません。

これから先、老眼とはずっと付き合っていかなくてはならないのですから、改善はしないとしても老眼の進行を少しでも食い止める努力はしたいところですね!

-健康

Copyright© ささくれネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.