ダイエット

糖質制限ダイエットなら、40代女性でも簡単に痩せられる?

更新日:

いまや定番のダイエット方法となった感もある糖質制限。賛否両論意見は分かれるようですが、実際に糖質制限で痩せた人が多いのも事実です。

代謝の下がった40代の女性。更年期という体の変化が現れる時期でもあります。そんな40女でも、糖質制限ダイエットは効果が出るのでしょうか?

・極端なダイエットに体が耐えられるのか?

・極端なダイエットに心が折れないか?

・そもそも40代の体でも糖質制限で痩せられるのか?

こうした疑問点が払しょくされないために、糖質制限ダイエットを開始するのに二の足を踏んでいる人がいるかもしれません。

実は私2年ほど前、40代という年齢をものともせずに、糖質制限ダイエットに果敢に挑戦したことがあります。

結論だけ言うと、40代でもちゃんと痩せましたよ!

 

糖質制限ダイエットを始めた動機

私の場合、40歳を目前にして、あろうことか精神的なストレスで、2年間でじわじわと気づいたら20kgも太ってしまったのです!これから代謝がどんどん下がって、ただでさえ痩せにくくなる時期に、取返しのつかないことをしてしまったわけです。

精神的なストレスの元凶からは脱することができたのですが、体についた20kgの脂肪は財産として残りました(涙)

ここまで大胆に太ってしまうと、半分あきらめの境地になったりもします。「もう40だし、別に痩せなくてもいいかなー」と思ったのですが、逆に半分あきらめているからこそ、噂には聞いていたけれど手を出せずにいた「糖質制限ダイエット」を試してみようかなという気持ちになったのです。

20kgも太った時点で、十分体に悪いというか負担も大きいわけですから、四の五の言わずに痩せるべきですもんね。

 

糖質制限ダイエットの実践方法

be60d584fcfc6449a05d74e8e25e0ae0_s

実践方法はシンプルです。

炭水化物が多いものは食べない以上。

「言うは易し、行うは難し」の典型ですが(笑)、つまり、ごはんも、パンも、麺類も、イモ類も、お菓子も、アイスクリームも、せんべいも、そういった炭水化物を多く含むものは一切口にできないんです。

その代わり、肉や魚や野菜や卵は食べ放題。どれだけ食べようが構いません。

~糖質制限ダイエットで痩せる仕組み~

カロリーを大幅に減らすことができる

→ふだんの食事で炭水化物によるカロリーの割合は非常に高いので、それを抜くことで単純に摂取カロリーが自然と少なくなります。摂取カロリーが減れば痩せますよね。

血糖値の上昇~インスリンの分泌を抑える

→炭水化物を食べると血糖値が上昇します。すると、すい臓からインスリンが分泌されて、上昇した血糖値を正常に戻そうとします。ここで分泌されるインスリンが血糖値を下げる過程でブドウ糖を中性脂肪に変えるのです。炭水化物を制限すれば、血糖値も上昇せずにインスリンの分泌が抑えられるため、脂肪がつきにくくなるわけです。

実際に私が食べていたメニューはこんな感じでした。

朝:納豆オムレツ、ヨーグルト、チーズなど

昼:糖質オフの大豆でできた麺を使った料理(豚肉や鶏肉+野菜と合わせた焼きそばなど)

夜:鶏肉+緑の野菜で具だくさん味噌汁

間食:無塩アーモンド、チーズ

どうでしょう?けっこう過酷に見えますか?

ごはんやパンは一切食べませんでしたが、実はこの「ソイドル」という大豆でできた麺のおかげで、辛い思いをほとんどすることなく糖質制限をすることができました。

 

 

ソイドルを使った料理の一例です(写真に残していたものだけですが)。

塩焼きそば風

 

しょうゆラーメン風

 

ペペロンチーノ風

写真で見た感じでも分かるかもしれませんが、麺とは言っても、うどんやパスタのようななめらかな食感はほぼありません。ボソッとした食感で、麺類の中で何に近いかと言われたら「そば」ですね。

細かく刻めばごはん代わりにもなって、「チャーハン風」なんてこともできてしまいました。

正直言って、ソイドルがなかったら挫折していたと言い切れるほど、私の糖質制限ダイエットには欠かせない『主食』でしたね。

糖質オフの麺は他にも

・こんにゃく麺

・とうふそうめん

などがありますが、これは好みの問題とは思うのですが、私の場合、

こんにゃく麺→生臭いニオイと食感が苦手で食べられず

とうふそうめん→たまに食べる分にはいいけれど、噛みごたえがないので飽きる

という感じだったので、どうにか「主食っぽく食べられて、でも糖質オフで、しかもお腹にたまるもの」がないかと探しまくった結果、ソイドルに行きついたということろです。

腹持ちもすごくよくて、ソイドルのおかげで糖質制限の大変さも8割くらい減ったと思います(大げさでなく、本気でそう思います笑)。

私のように、こんにゃく麺とかとうふそうめんが苦手な人は、一度ソイドルを試してみる価値はあると思います。

・噛みごたえがある

・臭くない

・アレンジしやすい(焼きそば風、ラーメン風、パスタ風、刻んでお米代わりなど)

食べた感もありますし腹持ちもいいので、これがあるのとないのとでは糖質制限のツラさが全然違うと断言できます。

>>ソイドルを試してみる

*初回のみ、7食入りお試しセットが税込1,950円送料無料で買えます

また、炭水化物を食べない代わりに、お肉や油は気にせずに摂っていたので、カロリーを抑えるためのサプリも併用しました。

有名な「大人のカロリミット」ですが、公式サイトで購入するとドラッグストアで買うより安かっので(2袋約1か月分で1,000円、マツキヨだと1か月分で2,800円だった)、通販で購入。

・脂肪を代謝する力を高める

・糖の吸収を抑える

・脂肪の吸収を抑える

この3つの機能が認められた「機能性表示食品」で、40代の糖質制限にはピッタリすぎるので迷わずに買いました。

>>大人のカロリミット お試し2週間分+1袋を購入する
やったのはこれだけで、運動は特にしていません。

もともと「ごはん大好き、甘いもの大好き」だったので、糖質制限ダイエットをやる前は「80%くらいの確率で挫折しそうな気がする...」と最初から弱気でしたが、そんな私でも続けることができた理由は3つあります。

・代用食をうまく見つけられたこと

・運動をしなくていいこと

・4か月限定にしたこと

実は、糖質制限ダイエットの肝はここにあるような気がするんです。

 

糖質制限ダイエットで15kg減量に成功!

65f4ad90783cecc18a9949f6f534a2e3_s

そもそも20kgも増えてしまったあとだったので、比較的減らしやすかったというのもあるかもしれませんが、4か月の短期間で15kgの減量に成功しました。元の体重までは減らせませんでしたが、期間限定と決めていたダイエットなのでここでいったん終了です。

ちなみに4か月にしたのは、半年だと長すぎるし、3か月だとちょっと足りなそうと思ったから。実際にやってみると、4か月は気持ち的にギリギリでしたね。私みたいに20kgも太ったあとでなければ、3か月でも十分かと思います。

実際には糖質制限を始めてから10日後くらいからスルスルと体重が落ちていき、1か月目で4kg、2か月目でさらに5kg、3か月目は4kg、4か月目は停滞して2kg減でした。結果だけ見たら、40代のダイエットとしては十分優秀でしょう!

では、糖質制限はちゃんと減量できるから万々歳、いいことずくめなんでしょうか?

最初に挙げた「40代にして糖質制限にチャレンジする際の疑問」という視点から振り返ってみます。

極端なダイエットに体が耐えられるのか?

まず、このダイエット法はそもそも食事の栄養分を偏らせることで痩せていく方法です。炭水化物という3大栄養素のうちの1つを断つわけですから、体に影響がまったくないわけはないはず。

実際に、この点こそが「糖質制限反対論者」たちにツッコまれる部分でもあります。栄養はバランスよく、摂取カロリーを抑えて運動で消費カロリーを増やす。これが王道のダイエット法です。1か月に減らしてもいいのは1kg程度などとも言われています。何kgも減らす急激なダイエットは、リバウンドの恐れがあるというわけです。

こうしたリスクに、40代の私の体はなんとか耐えました。まったく弊害がなかったかと言うとウソになりますが、実際体の不調?的なことで感じたのは「立ちくらみ」くらいでしょうか。もともとが頑丈な体だから立ちくらみだけで済んだというのもあるかもしれませんが。

逆に体がどんどん軽くなってくるのが実感できて、むしろ健康的になった気がしました。

糖質制限と一言で言っても、食事でかなり気を付けた点があります。それは、野菜を多く食べるようにしたということ。炭水化物以外ならなんでも、というと、ついついお腹を満たすために肉系に走りがちですが、肉や魚ばかりではやはりバランスは崩れてしまうと思います。便秘にもなりますしね。

実は、ごはんやパンやイモ類以外でも、野菜群には、少量ですが炭水化物が含まれているものが多いのです。食物繊維も立派な炭水化物ですから。なので、「炭水化物断ち」とは言っても、野菜をたくさんとることで、一定量の炭水化物は体に入ってきていたはずです。

つまり「完全に厳密に炭水化物をシャットアウト」というわけではなく、「とりすぎだった炭水化物を減らす」ことで体重を減らしたわけで、そこが体調をほどほどキープしながら痩せることができたポイントなのだと思います。

もちろん野菜ばかりではなく肉や卵や大豆類もしっかり食べることは大事です。そうしないと、生理不順とか、髪が抜けるとか、ほうれい線が目立つとか、そういう弊害が起こらないとも限りません。肉ばかりでもなく、野菜ばかりでもなく、とりすぎていた炭水化物以外で栄養のバランスを意識すること。

そうしたことも含めて、40代の私たちは日々自分の体調の変化に気を配りながらダイエットを進めるべきでしょう。ちょっとでも「ヤバいな」というサインを見つけたら、中止する勇気も必要です。もう若くはないので、無理は禁物

ただ、私のように20kgも太ってしまって、そのまま放置している方がどう考えても不健康というかリスキーな場合もあるわけです。40代で肥満というのは、生活習慣病に直結する大きなリスクですからね。

「4か月」という短期間限定にしたのも、体のことを考えて長期的に炭水化物を抜き続けるのは不安だったというのもあります。

極端なダイエットに心が折れないか?

32fcf2c6be2cd08af8063377be8d6d19_s

もともと意志は弱い方なので、ダイエット=続かないという先入観はありました。

ですが、実際は心が折れる前に「ダイエット終了!」のゴングが鳴ってしまったというかんじです。4か月で終わると思えばこそ、甘いものも我慢できました。

なので、やはり短期間で終了させるというのはメンタル面でも重要なポイントだったと思います。

あとは、自分に合った代用食を見つけられたというのも大きいですね。ごはんを食べられない苦しみ(?)も、私の場合はソイドルを主食にすることでかなり軽減されました。

また、運動を一切しなくてもいいというのも(完全なる自分ルールですが...)、運動嫌いの私にとっては続けられたひとつの理由かと思います。それまでのダイエットでは、運動をしなければならないという心理的な負担がとても大きかったので。

そもそも40代の体でも糖質制限で痩せられるのか?

結果的にちゃんと痩せることができたので、答えはイエス。40代でも糖質制限ダイエットは通用しました。体重はちゃんと減りました。

ただし「マイナス15kg」と聞くと「すごー!!」と思うかもしれませんが、そもそもその前に20kgも太ってしまった「巨体」から数えて15kgマイナスだということはご了承ください。太っているほど初動で体重は減りやすいです。

ですので、標準体重くらいの人でもスルスル痩せるのか?と聞かれると、正直分かりません(汗)

ただ、ダイエットというのは体質だったり元の体重がどのくらいかによって効果が表れやすかったりそうでなかったりするわけですが、それまで3食(もしくは2食)ふつうに「ごはん」を食べていた人であれば、糖質制限をすることでかなりの高確率で痩せると思います。

こうして私は無事に糖質制限ダイエットで痩せたわけですが、実際には痩せた「その後」が大事だということが分かりました。

 

糖質制限ダイエット、その後...

長期間続けられるようなダイエット法ではないことは始める前から分かっていたので、4か月という短期集中にしたわけです。その結果、この年で15kgのダイエットに成功したのは本当に万々歳なのですが、そこから徐々に炭水化物を食べ始めると同時に体重はじわりじわりとリバウンド方向へ。カロリーはそれなりに注意して食べすぎないようにしていたのですが、それでも戻ってきました。

結局、糖質制限で15kg減量→終了後、リバウンドで5kg増量→慌てて食事見直し+しぶしぶウォーキングを取りいれて3kg減量→2~3kgの枠の間で増減を繰り返す←今ここ。

最終的に糖質制限を始めたときから比べてマイナス11~13kgくらいをウロウロしているかんじです。

特に私は運動一切なしで痩せたせいで、代謝が落ちてしまったんだと思います。ただでさえ代謝が悪くなる40代にして、さらに追い打ちをかけるようにダイエットによる代謝の低下。ダブルパンチですね。

ですので、糖質制限ダイエット終了後にはほぼ確実にリバウンドはすると考えた方がいいでしょう。

 

リバウンドしたと自覚したときにすべきこと

2715167ad107982190de65bc144102f5_s

リバウンドするとは言え、1日で一気に10kg戻るとかそういうことはあり得ません。じわりじわりと戻るのです。

なので、できるだけ早く「自分は今リバウンドの真っ最中である」ということに気付くことが何よりも大事。よく「10kg痩せたけど、15kgリバウンドした」とかいう人がいますが、もはやここまでくるとリバウンドというより、普通に「一回痩せたけど、また食べるようになって太った」ということでしょう。

過剰に食べなければ、さすがに全戻しはないはずです。万が一過剰に食べてしまったとしても、全戻しするまでの間にどこかで気づくはず。そのために必要なのは、まずは何より「体重計に毎日乗る」ということです。

私が2年で20kg増えたとき、なぜかその間、体重計に一度たりとも乗りませんでした。1分でできることなのに、体重計に乗ることを断固拒否していたのです。自分が太ってしまったのを認めたくなかったんですね。

へんな理屈なのですが、「体重を測ってしまったら、その時点で体重が確定してしまう!体重を測らなければ『正確にはわかんないけど、たぶん今○○kg(現実より低い体重)くらい』という希望的観測で生きていける」みたいな、意味不明な言い訳を自分にしていたのです。

ダイエットの最中に体重が減っていくときには、毎朝体重を測るのが楽しみになります。ダイエットで辛い思いをしても、チャラになるんです。

ところが、ダイエットをやめて、今まで減っていった体重が折り返し地点を迎え、徐々に増えだしたとしたら?ダイエット中はあんなに楽しみにしていた体重測定が、急に苦痛に変わるんです。毎朝増えていく体重を見るのは苦痛以外の何物でもありません。そして、体重計に乗るのをやめ、さらに加速度的に体重は増えていく...

なので、最初の数kgのリバウンドは仕方がないと割り切って、それでも苦痛を我慢して体重計に乗り続けるようにしましょう。どこかで「もう体重増えるの見るのイヤだー!」となって、自然と食事をコントロールするようになったり、体を動かしたりするはずです。

とにかく、リバウンド気味だと感じたときは、体重計に乗り続けることを心がけてみてください。人間の心とは不思議なもので、自然と「どうにかしなくちゃ」という方向に向かっていきます。10kgリバウンドしてから「どうにかする」よりも、5kg戻った時点で「どうにかする」方が圧倒的に楽です。

 

糖質制限ダイエット~リバウンドまでをワンセットとして考える

40代でも糖質制限ダイエットで痩せることは可能です。ただし、野菜と肉をバランスよく食べることと、短期間で終わらせることだけは意識してみてください。

自己流は不安というのであれば、ライザップから出版されている「自宅でできるライザップ 食事編」のような本に従ってやってみるのも一案です。

もしくは思い切ってライザップへ入会してしまうという手もありますね(笑)

自己流でも誰かの指導の元でやるにしても、自分の体の様子を把握しながら進めることが大事です。

そして、決めた期間である程度目的を達成したあとには、覚悟を決めてリバウンドをしましょう(笑)。これはもう、受け入れるしかないと思います。その上で、毎日増えていく体重を測り続けると、ある一定のレベルでリバウンドも止まるはずです。

ここで絶対に覚えておかなければならないのは、「体重計に乗るのをやめたら、リバウンドは止まらずに加速する」ということです。その瞬間今までの苦労は水の泡になるわけです。

だから、どんなに苦痛でも体重を測り続けましょう。

実際に糖質制限ダイエットをやってみて思うのは、確かに痩せやすいダイエット法ではあるなということです。リバウンドのコントロールと体調管理さえできるなら、チャレンジする価値はあると思いますよ。

こんな記事もオススメです!

40代で糖質制限ダイエットするなら絶対に注意しなくちゃいけない3つのポイント

ファミリーマート×ライザップの糖質制限食品がおいしい!そのからくりとは!?

糖質制限の強い味方!?RIZAP×ピザハットの「低糖質ピザ」は本当においしいのか検証

-ダイエット

Copyright© ささくれネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.